« PowerBookG4 15" 1GHz Ti(M8859J/A)をマルチメディアPCに(古 | メイン | とりあえずネタ »

DMX-C6が恐ろしく値下げしていた


今年のボーナスでデジカメを買う予定にしていた。

別件でヨドバシへ行ったついでにデジカメコーナーを覗いてみたら、候補の一つサンヨーXacti C6が今までの54800円から43800円に値下げされて売っていた。

今まで使っていた(って今も現役で使ってます(笑))デジカメは、結婚する前に買ったCANON IXY Dgital200。妻曰くいい加減使いにくいらしい。別に壊れた訳ではないが、今更200万画素だし電池の持ちもよくなくなってきたし、激しく動く息子撮りが難しい(感度調整ができない)ので新しいデジカメを買う稟議がおりました、というか俺から欲しいとは一言も言っていない(笑)

で、何を買うか検討を始めた。
激しく動く息子をどう撮影するかを第一の目的として検討したところ富士写真フィルムのFinePixF10(リンク先はF11)の高感度がやはり目についた。カシオのEXILIMなどにもISO1600相当の高感度設定ができるらしいが、絵作りに関してはやはり光学系に一日の長があるようだ、雑誌の記事曰く。

これとは別に激しく動く息子なら、べつに静止画像を記録しなくてもと思い動画デジカメの三洋XactiC5が目についた。うちには息子が産まれる直前に購入したパナソニックのDVカメラがあるのだが、ちょっとしたスナップで使うには使い始めるまでの閾値が高すぎる。

ということでこの二つに絞って様子をうかがっていたが、どちらも購入に至るにはハードルがあった。
F10をはじめとする富士写真フィルムのカメラは記録メディアがxDだということ。対するC5の方はというと通常のデジカメと比べて値段がちょっと高めなのと動画を記録するのでメディア容量が必要だということ。

全く富士写真フィルムの記録メディア戦略はどうにかしてほしい。スマートメディアなんか採用してたからFinePixなんか買わずにIXYを買ったわけだし(いやそれだけの理由ではないが)、xDだからF10、F11を買わないっていうやつはザラにいる。確かに自社開発(オリンパスと共同開発)したからということもあるだろうけどねぇ。

Xactiもマイナーチェンジ色が濃いC6が登場したが依然として値段が高くて手が出ない状況だった。ボーナスも出て年賀状用の写真撮らないとなーと思っていた矢先、こんな値下がり。

明日ヤマダ電機行って値段調査してから買うことにしよう(笑)

ただ年明けにもHD対応(はいでふぃにしょん、の方、ハードディスクにあらず)が出るのではという噂がそこかしこに流れていて、その影響ではないかと踏んでいるのだが。

まぁうちはまだ普通の21インチテレビだし、高解像度になったらそりゃデータ容量もでかくなるから扱いにくし、ということで出てもスルーを決め込む(笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sonota.net/mt3/mt-tb.cgi/381

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年12月17日 23:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「PowerBookG4 15" 1GHz Ti(M8859J/A)をマルチメディアPCに(古」です。

次の投稿は「とりあえずネタ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。