« ソニー、3.8型有機ELディスプレイ搭載CLIE | メイン | 11月から家族間のCメール送信が無料になるらしい »

家庭内LAN完全無線化への道 その1

息子が寝返りをしだし這い這いをしだすのも時間の問題ということで、妻から床に這っているLANケーブルの改善を命じられた。
撤廃もしくは壁への固定化という二つの手段があるが、スマートなのは撤廃なので今有線でつながっているRD-X4EXとヨセミテ君、すなわちPowerMacintoshG3/350改(といってもHDD増設して吸排気ファンを取り替えただけ)の無線化を検討中。
ヨセミテ君の無線化はとりあえず置いとくことにした。
で、MacFan10月号に11bのイーサネットコンバータで十分だという記事が載っていて、そこで紹介されていたのがプラネックスのGW-EN11X(amazon)。町田ヨドバシには置いてなかった。
俺としてはAirMacExpressがコンバータになってくれれば一番楽なのだができたっけか?(笑)
AirMacベースステーションから見直しかけるとコストアップになるよなぁ、やっぱり。

ちなみにケーブルを延長して壁へ固定するのはコスト的には無線化に比べて1/5程度に抑えられそうな感じがする(笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sonota.net/mt3/mt-tb.cgi/456

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2004年09月20日 14:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ソニー、3.8型有機ELディスプレイ搭載CLIE」です。

次の投稿は「11月から家族間のCメール送信が無料になるらしい」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。