« ソルベ アルフォンソマンゴー | メイン | グランブルー オチアイ »

2008年08月08日

●歯根が膿んだ歯の治療 2回目

最近,初診の患者さんが増えていて,待ち時間が長くなっています(^-^;
初診の患者さんは,初回にレントゲンをとって治療が必要かどうかの説明を受けるのだけど,今回の人は長かったー。わたしの初診のときより長く話し込んでいたのではないでしょうか(^-^;<1時間半以上

診療台にいると何もすることがないから,初診の人の歯の状態と治療方針を事細かに聞くことになります(笑)だんだん知識が豊富になるよ・・あはは。今回の人は,歯の根の近くにできた膿胞がかなり大きいらしく,歯茎に穴を開けてそこからガーゼを差し込んで,中身を出して少し小さくしてから切開して取り出すという方法の説明を受けていました。その方法自体はあまりめずらしいものじゃないと思うんだけどね。

到着してから診察室に呼ばれるまでが1時間半。診療台に座ってから1時間・・。久々にかなり長く待ちました。で,治療はというと,前回抗生物質をつめた歯のとなりの歯の金属をとり,仮歯を入れました。抗生物質を入れた気配はなかったと思うんだけど,よかったのかな・・

めずらしく2本同時進行です。いまは仮歯が2本並んだ状態。この後どうなるんだろうか?

仙台七夕祭り
仙台は七夕まつりでしたー!街中どこもかしこも七夕飾りが飾り付けられていて,にぎやかしく露店が並んで,すごい人ごみになっていました。たまにはこういうのもいいけど,帰りの新幹線が込みすぎていて指定席が取れず,自由席に並んで座りました。自由席で立ってる人もいたから,結構混んでいたのよね。次回は9月末だから,閑散としてるかな~。

コメント

私もタクシゲ歯科に行ってきました~
私はもともと難病をもっていて、歯の治療も危険だし、麻酔もショック状態になりやすく命に関わります。
とても難しい病気なのでメールと電話で確認し、可能という事で伺いまいしたが、問診なく突然治療を始めたのでとても不安でした。
不安がっていたら「あなたの様な人は出来ない」といいだして、よくよく聞いたら私の病気の知識もありませんでした。

それなら今の担当医に相談しようと思い、「今日の診断書を書いてくれ」と所見をいただこうと思いましたが、それもくれませんでした。

タクシゲ先生の治療法はまだ医学界で認められていないので、かけないと自分でとおっしゃっておりました。

当たり前ですが、すべてが治せる医者はいません。
だからこそ知識がないなら初めから受けないで欲しかったです。

お電話でも重症患者から受け入れていると言っていましたが、結局治療法が限られている私は断られました。
重病患者の境も曖昧です。

マスコミに取り上げられてキャパを越えてしまっていると思います。

私は他の病院にもいい先生を沢山知っていますので、そちらに行きます。
今は下手にいじられないでよかったと思っています。

いい先生をたくさん知ってらっしゃるとはうらやましいです(^^)無事,治療ができるといいですね。

私は数え切れない程の医者に出会い、嫌な思いも沢山してきました。でも今の担当医は患者を守る使命感があり、人格性に優れ、論文も発表され、医学界でも認められる方です。私も何かあったらすぐに相談に乗ってもらっています。地位があり、忙しく全国から患者が押し寄せますが、問診もしっかり時間をかけ、落ち込んでいれば励ましてくれ、電話をかけても直接対応もしてくれます。
私と一緒に病気と闘ってくれています。
その方とタクシゲ先生を比べていても仕方ないのですが、日本中にはすばらしい先生は沢山います。
タクシゲ先生はご自分の治療法が医学界で認められていないのを気にしておりましたが、ご自分の治療法は日本一とおっしゃっておりました。
それなりに自信があるとは思いますので先生を信じている方は信頼してついていってくださいね。

コメントする